金沢市を中心に、中小企業経営者や相続でお困りの個人の方のお手伝いをしている野村経営税理士事務所の代表税理士ノムが日々の出来事を綴っています。税理士という仕事を身近に感じていただけると幸いです。税理士だってサービス業です。 こんなことやってます!

2010年8月 3日 nom

第60回税理士試験が今日から始まります。
僕が初めて受験したのは、平成10年の第48回目ですから、もう12年も経っているんですね。
合格した平成14年の第52回から数えても、既に8年が経過しました。
いや、あっという間ですね。振り返ってみると。

平成14年の試験では、3科目(簿記論・財務諸表論・相続税法)を受けたのですが、1日16時間くらい勉強してまして、試験当日はまさに、最高のコンディションでした。
「今の自分に解けない問題は(そんなに)ない!」
「俺が受からなければ、一体誰が受かるんだ!」
今思うと、自分でもびっくりするくらい闘志むき出しでしたね。8年前は。

無事、合格しましたが、翌平成15年の6月ごろに母親から言われた
「あんた、やっと元の目に戻ったね」
の一言は、未だに忘れません。
ずーっとテンパってたのですね。あの頃は。
1年で体重が13キロも減ったことに気付かなかったという嘘みたいな事実もありますし。

確かに、税理士証票の顔写真を見ると、キツい目つきしていました・・・
今は、独立したので税理士証票が変わり、写真も変わってしまいましたので、お見せすることはできませんが・・・

そんな過酷?な税理士試験に、今日は午後から大切な友人であり、自転車仲間でもあるS君が戦います。
朝、激励の電話を入れました。
「頑張るんじゃなくて戦ってこい!」
電話口からは、力強い声が聞こえてきたので、良い戦いをしてくることでしょう。

ちなみに、今回の試験は以下のような日程で行われます。
平成22年8月3日(火)
 午前9時から同11時まで 簿記論
 午後0時30分から同2時30分まで 財務諸表論
 午後3時30分から同5時30分まで 消費税法又は酒税法
平成22年8月4日(水)
 午前9時から同11時まで 法人税法
 正午から午後2時まで 相続税法
 午後3時から同5時まで 所得税法
平成22年8月5日(木)
午前9時から同11時まで 固定資産税
 正午から午後2時まで 国税徴収法
 午後3時から同5時まで 住民税又は事業税

恥ずかしながら、紛失を真剣に疑った大事な合格証書が見つかりました!
物置部屋の奥の忘れ去られた引き出しの中から出てきました。
良かったぁ。
goukaku1.jpg
書留で届きましたが、この時は仕事中でしたね。不在のため持ち帰られてました。
実際には、職場のネットで結果は知っていたので、届いた時の嬉しさはさほどではなかったのが良かったのか良くなかったのか・・・

で、中身はこれです。
goukaku2.jpg
この証書は、税理士試験を5科目合格した人にしか発行されないんです。
一部の科目を免除された人や、大学院を2つ出てそもそも税理士試験を受けていない人や、税務署OBの人などには発行されないので、絶対なくしてはいけません。

早く、額を買ってきて事務所に掲げておかなくてはなりませんね。

 

 

2010年7月12日 nom

しましたね。7月6日に。
タイムリーではありませんが、お許しを・・・

業界内では、行方が注目されていた最高裁判決でしたが、約40年間の実務慣行を覆す結果となりました。
1審の長崎地裁では、年金を雑所得として課税することは二重課税に該当するとされたものの、2審の福岡高裁では、1960年代から実務的に定着していたとされる現行の取り扱いを是認する(つまり、年金を雑所得として課税することは二重課税に該当しない)とされていました。
今回の事件の対象となった生命保険とはどのようなものだったのでしょうか?
報道によれば、原告は長崎県在住の40代主婦で、2002年に死亡した夫の生命保険の特約部分について、争いが行なわれました。
死亡保険金の一時金に加え、特約では、年額230万円を10年間にわたり、計2,300万円受給できるという、「年金受給権」が付されていたのです。
現行の実務における取り扱いでは、相続で取得した「年金受給権」に対しては、相続税の課税対象とされており、しかも、その後、相続人が年金受給権により支払を受ける「年金(本事件の場合、年間230万円)」に対しては、所得税(雑所得)の課税対象とされていました。

1審では、年金は、年金受給権として相続税が課税された財産と実質的、経済的に同一といえることから、これを雑所得として課税することは所得税法9条1項15号(平成22年改正前のもの)により、許されない、という判決がなされました。
この、所得税法9条1項15号(平成22年改正前のもの)とは、一言で言うならば、「相続で取得した財産には所得税は課税されない(非課税所得である)」旨を定めた条文となっています。
つまり、1審では、年金を相続により取得した財産であるという判断をしたといえるでしょう。

ところが、国側は、この判決を受けて控訴。福岡高裁では、年金として支給されるものは、相続によって取得した年金受給権とは異なるものであるから、所得税の非課税所得ではないとの判断をしました。
細かい話をすると、相続税法3条1項1号には、相続等により取得したものとみなす場合の規定があり、その中で定めている「保険金」とは、保険金請求権を意味し、年金受給権はこれに該当するものの、本件年金は、本件年金受給権に基づいて上告人が受け取った現金であり、本件年金受給権とは法的に異なるものであるから、上記の「保険金」に当たらず、所得税法9条1項15号所定の非課税所得に当たらないというのが国側の主張でした。(判決主文より)

要するに、相続時には、あとからお金をもらえる権利に対して相続税を課税し、実際にお金をもらったら、その時にまた所得税を課税するというようなことが、40年ほど行なわれてきたわけです。
相続時に現金2,300万円取得すれば、それに対する相続税を払って終わりですが、今は現金がないけれど、今後10年間にわたって毎年230万円ずつ取得するという場合には、今後10年で2,300万円をもらえるという権利に対して、(まだお金をもらっていないのに)相続税を払い、さらに、毎年230万円に対して所得税が課税されていたのです。

ただし、この2,300万円をもらえる権利に対して相続税が課税される場合、2,300万円全額に対して課税されていたわけではありません。
実際には、10年間でもらう場合、60%の評価、1,380万円に対してのみ相続税が課税されていました。
これは、支払側(保険会社)に着目して、10年間で支払う金額は2,300万円だけれども、支払側は1度に支払う必要がなく、もっと少ない金額(この場合は1,380万円)を運用すれば、払えるでしょう?といった考え方から、評価額を減額しているからです。
これを、2,300万円を10年間でもらう場合の割引現在価値といい、この評価減を使った節税商品がありましたが、今年の4月からはこの道が閉ざされました。

そうすると、2,300万円の年金受給権に対して1,380万円で相続税評価がなされると、920万円の差額(運用益?)が生じますが、この部分はどうなるのでしょうか?
今回の事件では、1回目の受給年金230万円に対してのみ争われ、230万円部分には運用益部分がないとして、230万円全額に所得税が課税されないとなりましたが、2回目以降の運用益部分に対しては、所得税が課税されることになりそうです。

 

 

2010年6月14日 nom

被害が拡大する中、梅雨入りし、「国家的危機との認識を持っている」と現地入りした首相発言があるなど、目が離せない状況が続く宮崎県の口蹄疫問題ですが、義援金の受付がされています。

このような義援金を支払った場合の税の取り扱いについて、今日は述べたいと思います。

税法では、このような義援金のことを「寄附金」と呼びますが、寄附金の定義というか範囲や取り扱いは複雑です。
特に、法人の場合は、支出する寄附金が全額税法上の経費(損金といいます)になるとは限らないのです。
例えば、ある会社で利益が出る年度に税金を払いたくないからという理由で、利益の一部または全部を、赤字の別会社などにお金で贈与(寄附)する場合を考えてみます。
もし、支出した寄附金が損金になると、寄附をする会社の利益が減少し、納税額が減少します。一方、寄附を受けた赤字の別会社では、もらった寄附金を利益として処理しますが、赤字額よりも少ない寄附金の受入れであれば、(まだ赤字なので)納税は発生しません。
このような取扱いが認められると、国の法人税収が減少するわけですから、通常は認められません。
ところで、この会社の寄附相手が赤字法人ではなく、国の場合はどうでしょう?損金として認めて(利益が減少し)、納税額が減少しても、寄附金そのものが国庫に入るわけですから、寄付してほしいわけです。
ですが、国に寄附してもらうためには、寄附する側にメリットがなければしてもらえません。そのため、このような場合には、先ほどの赤字会社への寄附とは異なり、損金として利益を減少させる取り扱いが認められています。
このような、寄附金の支出が損金となる寄附がいくつかあります。
国や地方公共団体、一定の公共法人や公益法人、認定NPO法人などへの寄附金が該当します。例えば、赤十字やユニセフへの寄附がそうですね。
今回の宮崎県口蹄疫被害に対して法人が支出する義援金は、国や地方公共団体に対する寄附金として取り扱うこと、つまり、損金として取扱うことが可能です。

では、個人の場合はどうなるのでしょうか?
個人の場合、所得税法という法律で寄附金についての取扱いが定められています。
宮崎県口蹄疫被害に対する義援金を支払った場合は、所得税が減少します。
平成22年度の税制改正で、改正が行われました。
「支出した義援金の額-2,000円」に各人の税率を掛けた分が減税されます。
例えば、税率10%の人が、1万円を寄付した場合の減税額はこのようになります。
(10,000円‐2,000円)×10%=800円
税制改正改正があったのは、2,000円の部分です。去年までは5,000円でした。
支出した金額そのものが減税になるわけではなく、生命保険料控除や医療費控除などと同様に、支出した金額のうち基準額を超える部分に税率を掛けた金額が減税額となる点にご留意ください。
減税額が少ないと思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そもそも寄附とは見返りを求める行為ではありませんので、減税額にこだわるべきではない。と私は考えています。
とはいえ、毎年寄附金支出がある私の場合、少しでも税金が安くなるのはうれしいといったところが本音ではありますが。。。

 

 

2010年3月18日 nom

今回、所得税の確定申告をさせていただいたお客様へお渡しする

控えを作っています。

 

ファイル形式で製本するのですが、字が下手なのでネームランドの出番です

 

namelandtape.jpg

テープを張る場所にあわせて4種類の幅を巧みに使い分け。

前の勤務先では、お客様の名前だけテープ印刷をして、年度などの
数字はマジックで手書きでした。
ずっとこの中途半端な処理が気に入らなかったので、今年こそは
全部テープ印刷にしました。

けっこう手間暇かかります・・・

背表紙に至っては「平成」は縦印刷、「21」は横印刷!
file.jpg

オートカッター機能が付いていますが、無駄な部分はどうしても生じます。
ハサミでちょこちょこっと微調整して、ずれないように張るものの・・・

何とか終了。
大変でしたが、お客様にお渡しする商品ですから、手を抜くわけにいきません。
細かいところかもしれませんが、野村経営税理士事務所のコダワリです。

namelandgomi.jpg

 

 

2010年3月15日 nom

いよいよ所得税確定申告期限を迎えました。

 

昨日、親の申告書を仕上げ、その後自分の申告書を無事仕上げたので、

今日は隣の税務署へ歩いて提出(電子申告ではないお客様の分)してきます。

 

去年までは、勤務先の担当者が提出処理をしてくれていたので3月15日の

税務署の様子って知らなかったんですが、すごい事になってます!

zeimusyo20100315.jpg


写真右側が入り口なんですが、渋滞してます。

午前10時半頃の状態ですが、夕方までこんな状態でした。

 

ちなみに50m道路側から渋滞してます。

jyuutai20100315.jpg

サラリーマン税理士だった前勤務先では、この時期毎日日付が変わるまで残業し、

テイクアウトした分を夜中2時、 3時まで処理して睡眠時間3時間なんて日が続いてた

頃に比べるとずいぶん穏やかな3月でしたが、無事終了しました。

 

 

 

 

 

2010年3月14日 nom

いよいよ3月15日の所得税確定申告期限まで2日となりました。

 

午前中は、先輩からご紹介いただいた勤務医の先生宅へ確定申告の説明訪問でした。

 

開業医、勤務医問わずお医者様には複数の収入を得ている方が多く、

このような場合はほとんど確定申告が必要になります。

 

これまではご自分で申告されていたのですが、今回は新たに住宅ローン控除

の適用を受けるための申告書の書き方が分からないとの事で先輩を通じて

ご縁を賜りました。

 

住宅ローン減税は初年度の申告が煩雑で、申告書や添付書類の書き方が

難しいのですが、2年目以後は初年度の金額を書き換えするだけなので、

初年度ほど難しくはありません。

 

来年からはまたご自分で申告されるだろうと思ったので、書き方を詳しく説明

し、合法的な節税アドバイスをさせていただいたところ、「今度から野村さんに

お願いしてもいいですか?」と嬉しいお言葉が!

 

先輩、先生ありがとうございます。

 

 

今日は、まだ自分と親の申告が残っているのでご褒美はお預けです・・・

 

 

 

 

2010年3月13日 nom

今日は午前中にお客様のご自宅へ訪問後、事務所へ出勤です。

早速パソコンを立ち上げ、メールをチェックすると

etax01.jpg

どうやら、昨日はこれが来る前に送信しちゃったため
エラーが出ちゃったみたいです。

その後、昨日エラーが出たデータを再度送信したところ、
無事送信成功しました。

めでたしめでたし。




ご褒美です

pizza02.jpg



 

 

2010年3月12日 nom

いよいよ所得税確定申告期限が迫ってきました。

野村経営税理士事務所は金沢税務署の隣にあります。
ビルの5階の1室なんですが、窓からは金沢税務署の駐車場が見えるんです。


zeimusyo20100312.jpg

この写真は3月12日(金)昼前の状態です。
今週は、毎日こんな感じで込み合っています。


私のデスクの上はもっと込み合っています。

早く手伝ってくれるスタッフを迎え入れられる体制にしなければ・・・

さて

午後からは、初めての電子申告に挑戦です。
去年までは任せっきりだったので、何とかごまかしてきましたが
今年はそんな訳にはいかず、四苦八苦です。

税理士は"電子証明書"なるICチップ付きのカードと"カードリーダー"をパソコンに接続し、
"電子申告利用者識別番号"と"暗証番号"を届け出することにより、お客様の申告書を
代理送信(提出)することができるんです。

去年まで使っていた利用者識別番号と暗証番号は、前の職場の担当者が知っているので
念のため新たにこれらを再登録し、データ送信するも、エラーの返信。

???


しばらくすると、金沢税務署から電話がかかってきて、
「税理士による代理申告は届が出てから認証されるまで少し時間がかかりますので、明日以後に再送信してください」とのこと。

とりあえず、明日再チャレンジです。



 

 

Categories
Tags
税理士 野村重之

自己紹介

金沢市の税理士ノムの所長日記

  • 1971年10月 石川県金沢市出身
  • 石川県立金沢桜丘高校卒業
  • 金沢工業大学情報工学科卒業

25歳の時勤務先の会社に税務調査が入り、税理士の世界に目覚める
半年後の平成10年3月に4年間勤務した会社を退職し、税理士を目指して勉強開始
定職につかず、わずかのバイト収入と某輸入車購入資金として貯金していたお金を取り崩しながら予備校の通信教育で暗黒の受験生活を過ごす
平成11年 税理士試験 法人税法合格
平成13年 税理士試験 消費税法合格
平成14年 税理士試験 簿記論、財務諸表論、
            相続税法合格
平成15年 税理士登録 登録番号96668

相続税法の合格に苦労し、4回目の受験で無事合格
苦労したものの、今は専門・得意分野の1つに
平成14年から平成21年12月まで金沢市内の税理士法人にてサラリーマン税理士として勤務
個人・法人合わせて延べ5,500件以上の税務申告に携わり、税務調査の立会件数は100件以上など貴重かつ豊富な実務経験を経て野村経営税理士事務所開設
勤務期間中の平成20年4月から平成21年3月までの1年間、FM石川にて金曜日の「M-Culture」というラジオ番組にて”サラリーマン税理士ノム”として出演の経験あり
決算・税務申告はもちろんのこと、「将来のあるべき姿に近づくためのお手伝い」を提供サービスの中心に考える”未来志向型税理士事務所”を目指しています

凝り性で気に入った世界は追及するタイプ
近年は自転車(ロードバイク)とシングルモルトを追及中
ちょっとだけ料理好き(得意料理は激辛麻婆豆腐と梅タコパスタ)

    もう一度飲みたいシングルモルトBest3
  1. Lagavulin 1976 / 30 Year old
  2. Brora 1982 / 20 Year old
  3. Ardbeg Very Young 1998 / 6 Year old